Blog

スタッフブログ

Blog

2023/12/24

  • その他

災害時の避難所についてお悩みの方に、新たな選択肢をご提案します。
トレーラーハウスは、その用途に合わせて多くの可能性を秘めています。
この記事では、トレーラーハウスを活用した災害時の避難所についてご紹介いたします。
トレーラーハウスを検討されている方、災害時の安心な避難場所をお探しの方、ぜひ最後までお読みください!

1. トレーラーハウスとは?

1.1 トレーラーハウスの基本

トレーラーハウスは、タイヤのついたシャーシという枠組みの上に小さな家のような建物が搭載された移動可能な住宅です。
その本体価格は約800万円からスタートし、様々なサイズとデザインが選べます。
トレーラーハウスは、建築物ではないため、一般的な住宅では建築許可が降りない市街化調整区域(農地以外)にも簡単に設置できます。
建築確認申請が不要なため、申請費用もかかりません。

1.2 自由な間取り

トレーラーハウスの魅力の一つは、限られたスペース内でありながら自由に間取りを決められることです。
あなたのニーズに合わせてカスタマイズが可能で、快適な空間を作り出すことができます。

2. トレーラーハウスが災害時の避難所に適している理由

2.1 災害時の機動性

トレーラーハウスは移動可能な住宅として設計されており、災害が発生した際には避難先に簡単に移動させることができます。
これは、避難所が混雑していて利用できない場合や、離れた場所に安全を求める際に非常に有用です。

2.2 防災設備の搭載

トレーラーハウスは、設置場所に応じて必要な防災設備を備えることができます。
これにより、安全な避難所を提供することが可能です。
また、トレーラーハウスは絶縁性が高いため、外部の気象条件から避難者を保護できます。

3. トレーラーハウスを災害時の避難所として活用するメリット

3.1 快適な生活空間

トレーラーハウスは自由な間取りと高品質な設備を備えており、避難時でも快適な生活環境を提供できます。
これにより、ストレスを軽減し、過ごしやすい避難生活を送ることができます。

3.2 移動先でも利用可能

トレーラーハウスの多くは、移動先で住宅や事務所として活用設置することを目的に作られていますが、災害時にも利用できます。
これは、非常に柔軟な選択肢を提供し、避難所としての多様な選択を可能にします。

4. トレーラーハウスの災害時避難所のデメリット

4.1 初期コスト

トレーラーハウスの購入費用は他の避難所と比べて高めです。
しかし、その高品質と機動性を考えると、コストは妥当と言えるでしょう。

4.2 限られたスペース

トレーラーハウスのスペースは限られています。
大規模な避難所が必要な場合には、他の選択肢を検討する必要があります。

5. まとめ

トレーラーハウスは災害時の避難所として優れた選択肢のひとつです。
その機動性、快適な生活環境、そして防災設備は、避難者にとって重要な要素です。
初期コストやスペースの制約はあるものの、そのメリットは大きく、多くの人々にとって魅力的な選択と言えるでしょう。

トレーラーハウスで災害時の避難所を検討している方は、是非この記事を参考にしてくださいね!
トレーラーハウスMIKAWAでは、全国でお客様にピッタリのトレーラーハウスを提案しています。
全国のトレーラーハウスはトレーラーハウスMIKAWAにお任せください!

『トレーラーハウスMIKAWA』 三河エリア初のトレーラーハウス専門店!
愛知県額田郡・幸田町・西尾市・蒲郡市・岡崎市・豊橋市・豊川市・新城市・豊田市・みよし市・東郷町・知立市・刈谷市・高浜市・安城市・碧南市の三河エリアで展開。
トレーラーハウスという新しい暮らしであなたの理想を形にしてみませんか。
夢を実現するお手伝いをいたします。
トレーラーハウス三河のトレーラーハウスをぜひ一度ご見学ください。
展示場へのご来場が難しい方には出張相談も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

Events

8月3日(土)4日(日)開催!トレーラーハウス相談会『トレーラーハウスって本当に住めるの?』

相談会

8月3日(土)4日(日)開催!トレーラーハウス相談会『トレーラーハウスって本当に住めるの?』

日程 2024年8月3日(土)~4日(日)

会場 額田郡幸田町大字深溝字以立山16-7