トレーラーハウスとは - トレーラーハウス三河 - 愛知県三河地区 - トレーラーハウス専門店
ホーム > トレーラーハウスとは
資料ダウンロード
資料ダウンロード
見学会予約
見学会予約

About

トレーラーハウスとは

What’s Trailer House?

トレーラーハウスとは

トレーラーハウスと聞くと、まだ日本国内では聞きなれない方もおられるかと思います。

トレーラーハウスはイギリスが発祥といわれ、80年以上の歴史があるとされています。
アメリカでは住居として多く使用されており、何千世帯ものコミュニティが形成されており、社会的にも知名度は高くなっております。

近年では日本でも数多く普及が始まり、私たちが「建物」として見ていた物件も、実は「トレーラーハウス」だったということが多く、 それだけ一般的になりつつあります。

トレーラーハウスは、行政上の指針やトレーラーハウスの設置基準を満たすことで、原則固定資産税や自動車税等 の税金は課税されません。そして4~6年の短期間で減価償却ができるといった特徴があります。

トレーラーハウスは「建物」とは異なり、場所を選びません。(「車両を利用した工作物」の扱いです。)
したがって、市街化調整区域でも設置可能な事例も数多くございます。また、原則として、建築確認申請は不要です。
これらの特徴から、土地の有効活用も期待ができます。
店舗、事務所、一般住居、仮設住居、事業活用、別荘など様々な用途で対応が可能で、活用事例も多様にございます。

よくあるご質問

F A Q

トレーラーハウスは基本的には車両です。

しかし、設置方法や用途、地域によっては、建築物としての規制を受ける場合があります。行政によって異なるため、事前の確認は必須となります。

現在はグレーゾーンとなっています。
税務署によって見解は異なっており、3つの見解があります。

①被けん車・・・4年
②仮説建物・・・7年
③木造2x4建物・・・24年
※日本RVトレーラーハウス協会では、現在米国大使館と協調し、「車両」前提として、高税調による統一見解を出すよう日本政府に対し、提起を進めています。

保健所に届出を出すことにより許可をとれます。

その場合、トレーラーハウスは建築物ではないため建築確認は不要です。
ただし、施設に対する規制を受けるため、指導に従ってください。

750㎏以下のトレーラーであれば普通免許での牽引が可能です。

ただし、特殊車両扱いとなる場合、夜間~早朝のみの運転や、速度制限があります。一般的には販売店による管理、手配が必要となります。

ご注文からご設置まで約3か月ほどかかります。

ただし、ご注文状況や工程によって前後する場合がございます。

サスペンションが免振構造の役割を果たし、タイヤが振動を吸収します。

タイヤゴムがクッション材となる構造のため、地震には強い構造です。

Model House

画面上では伝わりきらないトレーラハウスの魅力を体感していただくために、 モデルハウスをご用意しています。
お気軽にお越しいただき、見て、触れて、感じて、トレーラーハウスの心地よさをご体感ください。